iPhoneの保護シートの選び方 - iPhoneのアプリを広く使ってもらう

iPhoneの保護シートの選び方

iPhoneは液晶が大きいため、汚れを気にしたり、割れるのが怖いという方が多いようです。
元々iPhoneの液晶ガラスは強化されてきており、指紋や指の脂が付きにくいガラスです。


ティッシュなどで軽く拭き取れば十分なのですが、それでも気になってしまう場合には保護シートが利用できます。

保護シートは機能によって価格も数百円から数千円までさまざまです。



多くの方が利用することもあって多数の会社から販売されています。


iPhone用の保護シートは機能別に分けると3つに分けられます。
1つは指の滑り、2つ目は見え方、3つ目は追加機能の有無です。

指の滑りについてはシートの材質によって変わってきます。特にフィルムタイプは滑りにくい物も多いので事前に試せる場合も増えているので試してから購入すうることが大事です。

OKWaveの情報を集めました。

一般的にはマットタイプやガラスは滑りがよく薄型のフィルムタイプは滑りが悪いと言われています。
見え方については光沢タイプは明るく見えるのに対して非光沢タイプは光を抑え文字がくっきり見えると言われています。



また、光沢タイプは外光の影響を受けやすいため屋外での利用は難しいことも多いようです。追加機能については横から覗かれても見えないようにするミラータイプが人気です。

また、液晶から発生するブルーライトをカットする保護シートが人気です。